アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック

アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック
拡大する(全5枚)

アブラボテという名前の魚をご存じですか?

淡水のタナゴ釣りを積極的に実践しているアングラーなら、詳しいかもしれませんね。

関東エリアには生息地がなく、関西地方より西に分布しているのが特徴です。

ここでは、アブラボテの生態や釣り方について、詳しくご紹介しましょう。

「タナゴと比べると、どんより曇ったみたいなトーンの体色だよね!」

その通り!重油っぽいダークトーンで油面のようなので、その名前がついたともいわれていますよ。

アブラボテとは

アブラボテとは、コイ目コイ科タナゴ亜科に属している淡水魚のことです。

体長は、10センチ程度まで大きくなることが確認されていますよ。

日本の固有種に含まれていて、中部地方の濃尾平野より西の本州・四国北部・九州北部に生息しています。

関東エリアではその姿を見ることができないので、関東のタナゴ釣りを趣味とするアングラーからは羨望の的になっています。

アブラボテの繁殖期は春なので、、オスは婚姻色を帯びるように変化します。

体色やヒレの色が普段より濃くなって、白い追い星のようなものが口に発生しますよ。

そしてテリトリー意識が強くなり、近づいてきた魚を追い回します。

飼育するのはさほど難しくありませんが、アブラボテと他の魚を同じ水槽に入れておくと、追い立てられ過ぎて弱ってしまうケースもあるほど。

かなり気性の荒いタナゴ類といえそうですね。

産卵は、淡水に棲む二枚貝に産み落とす習性を持っています。

アブラボテの生息環境は、浅い水深の水路や小規模河川など。

水が止まっているよりは、穏やかに流れているところのほうが、生息している可能性は高まるでしょう。

5月ごろから産卵が始まって、1ヵ月弱で孵化します。

そこからの寿命は2年ほどで、適水温は24℃くらいまででしょうか。

網などで捕獲するつもりなら、暖かい季節の水路をチェックしてみてください。

藻の生えている際などをガサガサ探ると、カンタンに網に入ってくれるでしょう。

アブラボテの生態を解説している動画はこちら

出典:YouTube

アブラボテの釣り方をチェック!

アブラボテの釣り方は、タナゴ釣りのアプローチをそのまま転用すればOKです。

水深の浅い水路や小規模河川に出向いて、岸際に藻の生えている場所を探しましょう。

そこに水の流れが当たっているようなら、釣れる可能性はじゅうぶんにあります。

タナゴ針をハリスに結んで、延べ竿のミャク釣りかウキ釣り仕掛けを組みます。

餌はフナ釣り用のグルテンや赤虫・ミミズなどが効果的。

黄身練りでも反応はすこぶるいいですし、ハヤ用のチューブ餌でも食い付いてきますよ。

試しに極小のサビキ仕掛けでもアプローチしてみましたが、10センチクラスのアブラボテならなんとか釣り上げることができました。

やはり餌のほうが、断然釣りやすい印象ですね。

ただし、水路や河川の底に棲んでいる生き物を捕食していますから、釣り場で餌を調達して釣ることも可能でしょう。

アブラボテの飼育にチャレンジ!

釣り上げたアブラボテを持ち帰って、水槽で飼育してみました。

金魚の観賞に用いていた藻を一緒に入れておいたら、食べられてなくなってしまったのには驚きです。

生き物だけ食べるのではなく雑食性の魚だったんですね。

水温をきっちり上げると、産卵管が出てこないことにも気づきました。

自然な水温変化で、季節を感じている魚なのかもしれません。

冬以外はヒーターを入れずに飼育を続けるようにしています。

水温は、25℃を超えると明らかに動きが鈍るので、それ以下になるように環境を整えたほうがよさそうです。

オス1匹に対しメスを複数匹入れておくことで、産卵を促せます。

二枚貝も複数入れておくようにしましょう。

釣り座を構えてアブラボテを釣っている動画はこちら

出典:YouTube

アブラボテを釣るのにおすすめのロッドをピックアップ!

それではアブラボテをフィールドで釣り上げるのに、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

タナゴ釣り用のコンパクトな延べ竿があれば、カンタンにアプローチできますよ。

軽くて曲がり込みのいいブランクスを持ったものが、扱いやすいですよ。

アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り...の画像はこちら >>

宇崎日新 ロッド 精魂 タナゴコロ 軟調 3尺 905

ロッドメーカーの宇崎日新からリリースされている、タナゴ釣り用の延べ竿です。

とても軽くコンパクトに作られているので、ちょっとした水路を見つけては足を止めて、アブラボテ釣りを楽しむことができますよ。

全長は0.90メートルと、とても短い長さに設定されています。

周囲に草木が生い茂っているシチュエーションなら、取り回ししやすいですね。

継数は5本の振出式になっていて、仕舞寸法はたったの25センチにまで縮まります。

これなら普段使っているバッグやデイパックにも、丸々収まってしまうでしょう。

自重は20グラムと、かなり軽く作られていますから、手元感度はバツグン。

先径は0.55ミリで、元径は4.1ミリ。

適合するハリスは、0.1号から0.5号までになります。

ブランクスのカーボン素材含有率は、34パーセントなので、6割以上がグラス素材で出来ているコンポジットですね。

実際にフィールドで使ってみると、とてもしなやかでよく曲がり込んでくれる印象です。

胴部分がしっかりと曲がることで、アブラボテのショートバイトも弾かずにフッキングに持ち込めるでしょう。

またグリップのデザインが秀逸で、手のひらでしっかり包み込めるのが嬉しいですね。

魚が掛かってからも安定感がありますし、ロッドを立てながらじっくり引き寄せることも容易です。

全体的に和風な作り込みが施されていますから、所有満足感は高いといえるでしょう。

25センチほどのブルーギルもフッキングしてみましたが、何ら問題なく引き寄せることができました。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に設定されています。

複数本購入しておけば、家族みんなでアブラボテ釣りに出かけることができるでしょう。

宇崎日新のロッドは、細部に渡って丁寧に仕上げられているアイテムが多いですね。

ユーザーはじゅうぶん満足感を得るので、ヘビーユーザーへと変わっていくようです。

他の釣り用のロッドも豊富にラインナップされていますから、ぜひ手に取ってチェックしてみましょう。

アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック

プロマリン(PRO MARINE) 将月エビタナゴ 160 328836 プロマリン 釣り 竿 タナゴ エビ

プロマリンブランドから発売されている、コンパクト設計のタナゴ竿です。

全長が1.60メートルもあるので、やや長めなブランクスといえそうです。

タナゴ釣り以外にも、小鮒や手長エビなどをターゲットにできますね。

継数は6本の振出式で、仕舞寸法は約37センチと短め。

自重は約29グラムですから、長い時間ロッドを振っていても、さほど疲れることはないでしょう。

先径/元径は、0.8/8.8ミリ。

ブランクスのカーボン素材含有率は、75パーセントになっています。

実際に手にしてみると、軽くて振りやすく、曲がり込みのスムーズで復元も素早いですね。

ブレは若干残るものの、アブラボテからのアタリに対し、俊敏に対処できる張りと操作性を有しています。

実売価格は2千円台と、とても安い価格帯に収まっていますよ。

同時に複数本購入して、家族連れでアブラボテ釣りに向かうことができそうですね。

シンプルなカラーリングで飽きの来ない仕上がりですし、握りやすいグリップ周りのデザインも秀逸。

じっくりタナゴ釣りを楽しみたい人に、ぜひ使ってもらいたいですね。

アブラボテの習性を理解して釣り上げよう!

アブラボテの特徴や習性・釣り方、おすすめの釣りタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

これまで見過ごしがちだった水路や小規模河川に、間違いなく目を向けるようになるでしょう。

そこにアブラボテの姿を発見したら、持参してきた延べ竿を引き伸ばして、仕掛けを投入してみたいですね。

近くに住宅街などの民家が並んでいる場合、早朝からの釣りは控えるようにしましょう。

ちょっと漏れ出た音が騒音とみなされ、釣りそのものができなくなってしまうかもしれませんよ。

周囲が水田や畑に囲まれているポイントのほうが、安心して釣りを楽しめるはずです。

魚の関連記事はこちら

アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック

アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック

しめサバなどに調理されたサバは、どこから見ても美味しそうに見えます。 しかし我々釣り人は、釣り場で生きたサバに遭遇する機会があるわけで、それを自分で料理しなければなりません。 …

2021年07月20日FISHING JAPAN 編集部
アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック

アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック

海へ釣りに行くと、数多くサバが掛かっているシーンに遭遇することがあります。 沖合いから大きな群れが、接岸してきたのでしょう。 常に岸際に定着しているタイプの魚ではありませんか…

2021年07月20日FISHING JAPAN 編集部
アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック

アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック

日本全国のさまざまなショアラインで、ロックフィッシュゲームが盛んにおこなわれています。 そのターゲットの中で人気の高い魚といえば、アイナメ。 40センチを超えてくると、強烈な引…

2021年07月20日FISHING JAPAN 編集部

この記事の画像

「アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック」の画像1 「アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック」の画像2 「アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック」の画像3 「アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック」の画像4
「アブラボテを釣りたい!関東にはいないタナゴの仲間!生態や釣り方を詳しくチェック」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FISHING JAPANの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク