バス釣りに使うリールってどれを選べばいいの?選び方やおすすめ機種をピックアップ

バス釣りに使うリールってどれを選べばいいの?選び方やおすすめ機種をピックアップ
拡大する(全7枚)

毎年さまざまなリールが、新しくリリースされています。

スピニングリールもベイトリールも、かなり豊富にラインナップされていますが、その中からバス釣りに向いているものを取り上げてみましょう。

どんなスペックや番手なら扱いやすいのか、選び方やおすすめ機種をご紹介します。

「サイズやギア比、左巻き・右巻きとか、いろいろと選ぶ際の基準があるよね!」

その通り!正解を求めるのではなく、自分の釣りスタイルにマッチした1台を選べたら、納得できるのではないでしょうか。

バス釣りに向いているリールにはどんなものがあるの?

バス釣りに使うリールは、2種類用意されています。

スピニングリールとベイトリールから選べるのですが、この2つ、機種はもちろんスペックもさまざまで、初心者の人には選択の基準が見えにくくなっていますよ。

まずは、スピニングリールから取り上げてみましょう。

バス釣りに向いているかどうかの基準は、スプールに巻くラインから定めると、自動的にスピニングリールの番手が決まります。

例えば、ナイロンラインの6ポンドを巻くとしましょう。

ミノーやシャッドなど、軽めのハードルアーをスムーズにキャストできて、飛距離もしっかり伸ばすことが可能です。

その飛距離、大体20メートル前後になることが多いので、6ポンドを40メートル前後巻ければOKということに。

でもあまりにスプールの直径が小さくなると、ラインに巻きグセが付いてしまう可能性が出てくるので、C3000番前後の番手のスピニングリールが向いているでしょう。

浅溝スプールタイプにすれば、丁度いい巻き量になってキャストしやすいですよ。

また、スピニングリールといえば、ワームリグをキャストするケースも多いですから、4ポンド前後のフロロカーボンラインを巻いて使うケースも想定できます。

そのときの飛距離は、10メートル前後になるとすれば、C2000から2500番前後の番手が扱いやすいといえるかもしれません。

C3000だと、スプールに下巻きラインを結構巻かなければなりませんね。

ギア比は、ノーマルタイプで5.2対1、ハイギアタイプで6.2対1程度が設定されています。

ハンドル1回転でのラインの巻き取り長さが変わるので、素早い手返しをおこないたいなら、ハイギアタイプでいいのではないでしょうか。

ラインスラックも回収しやすいですし、テンポアップしたバス釣りを展開できます。

ノーマルギアタイプを選ぶと、リトリーブ中心のバス釣りを実践しやすいですよ。

滑らかな巻き心地が、あなたの集中力を高めてくれるでしょう。

それからウエイトにも着目したいですよね。

200グラムを切る軽量なスピニングリールが増えてきましたが、実質250グラム程度までなら、バス釣りに使っても手首やヒジ・肩などが極端に疲れてしまうことはないでしょう。

販売価格をよく見ながら、自分の予算内に収まるスピニングリールを探すのも、とても大切なことです。


この記事の画像

「バス釣りに使うリールってどれを選べばいいの?選び方やおすすめ機種をピックアップ」の画像1 「バス釣りに使うリールってどれを選べばいいの?選び方やおすすめ機種をピックアップ」の画像2 「バス釣りに使うリールってどれを選べばいいの?選び方やおすすめ機種をピックアップ」の画像3 「バス釣りに使うリールってどれを選べばいいの?選び方やおすすめ機種をピックアップ」の画像4
「バス釣りに使うリールってどれを選べばいいの?選び方やおすすめ機種をピックアップ」の画像5 「バス釣りに使うリールってどれを選べばいいの?選び方やおすすめ機種をピックアップ」の画像6 「バス釣りに使うリールってどれを選べばいいの?選び方やおすすめ機種をピックアップ」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FISHING JAPANの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク