カセ釣りってどんな釣り方をすればいいの?おすすめタックルも選んでみた

カセ釣りってどんな釣り方をすればいいの?おすすめタックルも選んでみた
拡大する(全7枚)

海釣りのターゲットであるチヌは、多くのアングラーが対象魚にして日々グッドサイズを狙っています。

ウキフカセ釣りやチニングゲームなど、さまざまな釣り方が展開されていますが、ここではカセ釣りでチヌにアプローチしてみましょう。

どんな釣り方なのか、おすすめのタックル紹介も含めて取り上げます。

ちなみにカセとは、小船のことを指しています。

和歌山県の南端・串本町では、このカセを養殖筏に隣接して固定、そこで釣りを楽しむスタイルが根付いています。

一般的にカセ釣りと呼ぶ場合は、筏に乗って楽しむ釣り方だと解釈してください。

湾内の水面が穏やかなところに設置されている筏ですから、船酔いしてしまう人でも大丈夫。

トイレも設置されているので、子供や女性もカセ釣りを満喫できるようになっています。

カセ釣りとは

カセ釣りとは、湾内に浮かべて固定された筏を上から、バーチカルにチヌを誘う釣り方のことです。

筏自体は、浮力体と木材を組み合わせたもので、大勢のアングラーが乗っても安定し歩けるように作られています。

規模は取り付けのポイントにもよりますが、10名から12名程度は同時に乗って、カセ釣りを楽しめるでしょう。

筏までは専用の渡船が用意されていますから、それに乗り合わせて渡る仕組みになっています。

養殖筏には牡蠣などの貝類が付着しやすく、それを食べにくるチヌがあまりに多くて大きいので、こういう釣り方に発展したのかもしれません。

とにかく地磯や防波堤で釣りをおこなうよりチヌの数が多いので、釣れる確率は高く大人気につながっているのでしょう。

カセ釣りが盛んな場所は、日本全国に広がりを見せています。

主に入り組んだ湾になっているところが多く、風裏になりやすいことを好条件にしています。

例えば、リアス式海岸なら、絶好の風裏ポイントを見い出せますし、波も穏やかでしょう。

具体的には、四国の徳島県や九州の長崎県、紀伊半島の三重県から和歌山県にかけて、日本海の若狭湾辺りも理想的な地形を有しているといえそうです。

関東エリアでは、千葉県の房総半島、神奈川県の三浦半島、静岡県の沼津などがおすすめの釣り場となります。

結構住んでいる近くにもカセ釣りのできるところがあるはずなので、入り組んだ海岸線をマップで探してから、そのエリアのカセ釣り渡船を検索してみましょう。

独自のルールがあるようなら、渡船の受付時に丁寧にレクチャーしてくれるはずです。

親切で分かりやすいレクチャーなら、予約を入れて間違いないのではないでしょうか。


この記事の画像

「カセ釣りってどんな釣り方をすればいいの?おすすめタックルも選んでみた」の画像1 「カセ釣りってどんな釣り方をすればいいの?おすすめタックルも選んでみた」の画像2 「カセ釣りってどんな釣り方をすればいいの?おすすめタックルも選んでみた」の画像3 「カセ釣りってどんな釣り方をすればいいの?おすすめタックルも選んでみた」の画像4
「カセ釣りってどんな釣り方をすればいいの?おすすめタックルも選んでみた」の画像5 「カセ釣りってどんな釣り方をすればいいの?おすすめタックルも選んでみた」の画像6 「カセ釣りってどんな釣り方をすればいいの?おすすめタックルも選んでみた」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

FISHING JAPANの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク