定番人気のエギ【エギ王K】実釣インプレ!おすすめタックルもチェック
拡大する(全4枚)
エギのアップ写真

ヤマシタからリリースされているエギで定番アイテムといえば、エギ王Kシリーズでしょう。

ベーシックモデルから、シャロー/スーパーシャロー・シャローリーフスペシャル・黒潮スペシャル・ケイムラ・490グロー・ネオンブライトと、さまざまな種類から選べるようになっています。

ここでは、沈下スピードが1mフォールするのに約3.0秒かかる(2.5号のみ約5.0秒)ベーシックモデルをラインに結んで、実釣インプレしてみましょう。

エギ王Kってどんなエギなの?

エギ王Kとは、ヤマシタから発売中のショアキャスティングゲーム用エギのことです。

サイズ設定は、4種類用意されていますから、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けてみましょう。

●2.5号・・・最小サイズでウエイトは11gと軽め。

着水してからの沈下スピードが、1mフォールするのに約5.0秒かかるようにセッティングされています。

シャローエリアを中心に、子イカの数釣りを実践するのに向いているでしょう。

漁港なとの互換周りを丹念に探りたいときに、ラインに結んでキャストしてください。

●3.0号・・・ウエイト16gで、着水してから1mフォールするのに約3.0秒かかるように作られています。

約3.0秒というのは、結構スピーディーに感じるかもしれません。

初めて訪れた釣り場で、水深やボトムの様子=地形変化を探るのに適しています。

ズル引きしてもかまいませんが、スタックしたな!と感じたらすぐらラインテンションを緩めるようにしてください。

そうすれば、ロッドを立てた状態で早巻きして、スタックから外せる確率が上がります。

●3.5号・・・ウエイトが22gもあるので、ロングキャストするのにベストマッチでしょう。

広範囲をくまなくチェックして、反応してくる高活性イカを探し出すのに使ってください。

着水後1mフォールするのに、約3.0秒かかるように設定されています。

深場を探るのにも適しているので、オールラウンダーとして活用したくなります。

ただし、3.0号よりもウエイトが増してあるので、ズル引きで地形変化をなぞるのは、やめたほうがいいかもしれません。

●4.0号・・・ウエイト26gと、エギ王Kベーシックシリーズの中で最大サイズに設計されています。

ボディにボリュームが与えられていますから、潮流の影響を受けやすいでしょう。

満潮から引き潮状態になったとき、その潮流に乗せて沖合いへ向かってドリフトさせるのに向いています。

ラインがたるんだらロッドティップを持ち上げて、再度テンションフォールを試みてください。

じっくりと深場へ落とし込んでいけるので、ボトムから離れない状態のエギ王Kを発見したイカが、猛然と抱き付いてくるかもしれません。

4.0号は大き過ぎるよ!と敬遠している人を見かけますが、イカがかなりボリュームのあるものでも抱き付く習性があります。

水中でよく目立ち発見されやすいので、積極的に使うようにしましょう。


この記事の画像

「定番人気のエギ【エギ王K】実釣インプレ!おすすめタックルもチェック」の画像1 「定番人気のエギ【エギ王K】実釣インプレ!おすすめタックルもチェック」の画像2 「定番人気のエギ【エギ王K】実釣インプレ!おすすめタックルもチェック」の画像3 「定番人気のエギ【エギ王K】実釣インプレ!おすすめタックルもチェック」の画像4