バス釣り用のトップウォータールアーで、よく釣れると評判のダブルスイッシャー。

ノリーズのビハドウ110は、他のダブルスイッシャーとは、プロップのセッティングが異なります。



2024年には、新しいカラーバリエーションがラインナップ。

その特徴や使い方について、深掘りしてみましょう。

ビハドウ110とは

ビハドウ110とは、ノリーズから発売中の、バス釣り用トップウォータールアーのことです。

カテゴリーは、ダブルスイッシャーなので、ボディの頭部先端と最後尾に、金属製のプロップがヒートン止めされています。

ヒートンは、きっちり締めていないので、プロップとの間に隙間があります。

つまり、プロップはフリーな状態で、前方からの水流を受けて、クルクルと回転する仕組みになっているわけです。

工夫している感じる部分を上げていくと、まずこのプロップが、前後でヒネリの向きを逆にしています。



そうすることで、お互いの回転によってボディの向きを、正面になるように打ち消し合えます。

ただし、ちょっとした水面の変化で、右を向いたり左を向いたり。

向いたところですぐに修正されて正面を向くのですが、このときの微細な揺れが、生命感を溢れさせているかもしれません。

もうひとつの工夫ポイントは、この金属製プロップが、小さくて短いこと。

当然1回転するのが素早く、短い移動距離の中で回転数を上げることができます。

プロップの回転数が上がれば、水面を切る回数が増えるので、バスに対するアピール度はアップします。


大きなプロップでバシャバシャ切るより、繊細な切り方になりますから、バスの警戒心を静めてくれるかもしれません。

ビハドウ110は、全長が108mm。

ウエイトは、14g。

一般的なベイトタックルでキャストしやすく、専用のタックルを組まなくていいのが嬉しいです。

そしてフックにも注目してください。

細長いボディに、3つもトレブルフックがぶら下がっています。


ルアーのどの方向からバスのバイトがあっても、フッキングに持ち込みやすいといえるでしょう。

ボディ内部には、バックロールウエイトが搭載されていて、ボディアクションをより個性的なものにしてくれます。

人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!...の画像はこちら >>

出典:ノリーズ

ビハドウ110を池やダムで使ってみた!

実際にビハドウ110をフィールドでキャストしてみました。

固定重心にもかかわらず、飛距離はしっかり伸びてくれます。

プロップが小さいので、空気抵抗が抑えられているのでしょう。

着水して、ラインテンションを張り、ただ巻きリトリーブをスタート。

ボディの進行によって、V字の引き波が水面を動かしています。



その波の中に、プロップで刻まれた細かな揺れが、描かれていきます。

とてもスローなただ巻きリトリーブでも、同じ効果が得られるので、バスがとても反応しやすいです。

カバー周りはもちろん、岬などの地形変化の真上でも、バスのバイトをとらえることができました。

止めて誘うこともできるのですが、釣れるのはただ巻きリトリーブ中がほとんど。

できるだけリールハンドルを回す手を止めずに、フィールドで使い込んでみましょう。

2024年追加カラーバリエーションは1種類のみ!

ビハドウ110には、2024年新しいカラーバリエーションが1種類、追加ラインナップされます。

●モロコアテンションカラー

グリーンカラー基調に仕上がっているので、淡水に溶け込みやすい印象です。



ナチュラルなアプローチで、じんわりバスを刺激したいときに重宝するでしょう。

既存カラーモデルと、上手くローテーションしてみるのも面白いですし、他のルアーを投入しながらバスの反応を見るのも、とても楽しいです。

ビハドウ110は、完成度の高いトップウォータールアーなので、活用の振り幅は大きいと考えてください。

人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!ノリーズのダブルスイッシャー
ルアーのアップ写真

出典:ノリーズ

ビハドウ110をキャストするのにおすすめのロッド&リールを選んでみた!

ビハドウ110をロングキャストしてただ巻きリトリーブするのに向いている、おすすめのロッド&リールをご紹介しましょう。

ロッドは、MLパワーからMパワーブランクスを採用しているベイトロッドがマッチします。

しなやかに曲がり込み、しっかり飛距離を伸ばせるものが扱いやすいでしょう。

リールは、14lb程度のモノフィラメントラインを豊富に巻けるベイトリールがいいでしょう。



ただ巻きリトリーブを実践することになるので、ノーマルギア仕様がおすすめです。

人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!ノリーズのダブルスイッシャー

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 1610M-S

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・エクスプライドシリーズのラインナップから、1610M-Sを選んでみました。

ソリッドティップが採用されているものの、極端に先端が柔らかいわけではなく、負荷に対して曲がり込む程度のテイストに仕上げられています。

全長は2.08mと、とても長いブランクスなので、ロングキャストは得意です。

2ピース仕様ですが、グリップジョイント方式を採用していますから、仕舞寸法は176.3cmと長めの設計です。

ウエイトは100gと軽めで、ブランクスの先径は1.6mm。

適合するルアーウェイトは、5gから15g程度まで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら最大14lb前後で、PEラインなら最大2号程度まで使えます。

グリップの長さは250mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、98.9%になっています。

実際にフィールドで使ってみると、とても長いブランクスで、張りが備わっているのが分かりました。

バットパワーは強烈ですが、バスのバイトを弾いてしまうほどの硬さはありません。

グリップはスリムで握りやすく、細やかなロッドワークを繰り出せるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ソリッドティップを採用しているベイトロッドが増えてきましたが、使い方は自分なりに工夫するのがいいでしょう。

これはワームリグ用などと、決めつけないほうが、バス釣りは楽しくなります。

人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!ノリーズのダブルスイッシャー

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 23 メタニウム 100HG (右ハンドル) ルアーキャスティング

シマノからリリースされているロープロファイルデザイン型ベイトリール・メタニウムシリーズの中から、100番サイズのハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は7.1対1なので、ハンドル1巻きにつき76cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ハンドルの長さは42mm。

ウエイトは175gと軽めで、スプール寸法は直径/幅が、34/19mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを100m巻けます。

ボールベアリングは、10個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトでパーミングしやすく、さまざまなロッドワークに対処できる印象を持ちました。

巻き心地は滑らかそのもので、ただ巻きリトリーブを実践するのにちょうどいいのではないでしょうか。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

飛距離も伸びますし、剛性感の高いボディフレームなので、長く手元に置いて使い込める1台ではないでしょうか。

ビハドウ110追加カラーの気になる発売日はいつ?

ビハドウ110追加カラーの気になる発売日は、2024年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,800円です。

水面に引き波と細かな刻みを発生させたいので、風の弱い日や風裏のポイントで使うことが多くなります。

オーバーハング下の暗がりで、じっくり誘いをかけるのにも向いているでしょう。

プロップとヒートン軸の間に、何か絡まってしまうと回転しなくなりますから、気づいたらすぐに取り除いてください。

ノリーズ公式サイト

新製品の関連記事はこちら

人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!ノリーズのダブルスイッシャー

人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!ノリーズのダブルスイッシャー

大型のベイトフィッシュに似せた、ビッグベイトのようなサイズ感を持つダブルスイッシャーが、2024年ティムコから新登場します、 その名は、プロップペッパーマグナム。 いったいどんな…

2024年06月22日FISHING JAPAN 編集部
人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!ノリーズのダブルスイッシャー

人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!ノリーズのダブルスイッシャー

船釣りによるオフショアジギングやタイラバゲームなどにおいて、カチッとした剛性と滑らかな巻き心地の備わったベイトリールは、必要不可欠といえるでしょう。 2024年にシマノから新登場す…

2024年06月22日FISHING JAPAN 編集部
人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!ノリーズのダブルスイッシャー

人気のビハドウ110に2024年新カラーバリエーション登場!ノリーズのダブルスイッシャー

ロックショアジギングゲームのさまざまなシーンで、SW系スピニングリールは大活躍してくれます。 2024年にシマノからリリースされる、24ストラディックSWシリーズにも、大きな期待が寄せら…

2024年06月22日FISHING JAPAN 編集部