守護神ナバス、またもPKストップで再びレアルの“救世主”に

守護神ナバス、またもPKストップで再びレアルの“救世主”に
レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイラー・ナバス【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスは、再びチームの救世主となり称賛を集めている。5日付け『マルカ』が報じた。

 マドリーは第7節アトレティコ・マドリーとの“マドリーダービー”では最終的に引き分けたが、ナバスはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのPKをストップ。さらに後半にもコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスの決定的なシュートもセーブし、チームに貢献している。

 マドリーは第7節時点でリーグ通算失点2とし、ヨーロッパ主要リーグで最少失点チームとなっている。

 PKストップに関しては、ナバスがスペインにやって来てから10度の場面で4度しかゴールを割られておらず、試合後のインタビューでは「相手を研究し、練習もするが、神が常に味方して正しい選択をするのを助けてくれる」と語っている。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2015年10月6日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。