ケルン大迫、フェアプレーに称賛の嵐。ブンデス公式TVで特集

ケルン大迫、フェアプレーに称賛の嵐。ブンデス公式TVで特集
ケルンの大迫勇也【写真:Getty Images】

 ブンデスリーガのケルンに所属する日本代表FW大迫勇也が17日、リーグ公式TVの「第16節の瞬間(モーメント・オブ・ザ・マッチデー)」に選出された。

 大迫が評価されたのは、フェアプレーの精神だ。ブレーメン戦で大迫がゴール前でボールに触れてゴールラインを割ったものの、審判はCKと判定。しかし、大迫は自身が最後にボールにタッチしたことを申告し、ゴールキックへと変更された。

 大迫は2014年7月にTSV1860ミュンヘンからケルンに移籍。今季は公式戦16試合に出場し1ゴール2アシストを記録している。今週末は19日に開催されるブンデスリーガ第17節にて日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントと対戦する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2015年12月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。