香川、2018年に契約満了も”未だ交渉なし”。本人が「結論に至っていない」と独紙

香川、2018年に契約満了も”未だ交渉なし”。本人が「結論に至っていない」と独紙
ドルトムントに所属する香川真司【写真:Getty Images】

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は2018年6月で現在の契約を終えることになるが、まだ契約延長に向けた交渉は行われていないようだ。7日に独紙『キッカー』が報じている。

 同紙は「延長か、それとも移籍か」というタイトルをつけて香川を特集。トーマス・トゥヘル監督が「彼は常にプロ意識を高く持っている選手。うまくいっていないときでも絶対に不満を言ったりしないし、もちろんスタンドも彼を称えている」と、ひたむきに努力する姿勢を高く評価していることを報じた。

 その一方で、契約延長に向けた話し合いは特に行われていないという。香川が最近まで出場時間が少なく苦しんでいたことを踏まえ、現状に満足していないことから「結論を出すことができていない」と解説した。このまま契約更新しなければ、来年夏には売却か無償で手放すことになるが、クラブはどのタイミングで契約延長に向けた話し合いを始めるのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2017年4月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら