G大阪、浦和に大勝でようやく初勝利。16歳・久保建英が決勝点。広島はカップ戦も連勝発進

G大阪、浦和に大勝でようやく初勝利。16歳・久保建英が決勝点。広島はカップ戦も連勝発進
ガンバ大阪【写真:Getty Images】

 14日に2018YBCルヴァンカップのグループステージ第2節が各地で行われた。

◆グループA

 FC東京アルビレックス新潟は、1-0でFC東京が勝利した。FC東京は70分からピッチに立った久保建英がゴール。16歳9ヶ月10日での得点で、Jリーグカップ最年少得点記録を更新している。

 横浜F・マリノスベガルタ仙台は、0-0の引き分けに終わった。仙台は38分、板倉がバブンスキーに対する危険はプレーで一発退場になると、自身は足を痛めて担架で運ばれた。10人相手に勝ちきりたかった横浜FMだが、最後まで得点を奪うことはできずドロー。横浜FMは勝ち点4、仙台は同2となっている。

◆グループB

 ヴァンフォーレ甲府清水エスパルスは、1-0でホームの甲府が勝利した。初戦で白星を手にしていた2チームの対戦は、森晃太の得点が決勝点となり、甲府が連勝を飾っている。

 初戦を落とした北海道コンサドーレ札幌ジュビロ磐田は、1-0でアウェイの磐田が勝利を収めた。

◆グループC

 シーズンの開幕でつまずいた浦和レッズガンバ大阪の一戦は、4-1でアウェイのG大阪が勝利した。公式戦4連勝中のG大阪は、不振を抜け出すきっかけをつくるため、メンバーを大幅に入れ替えることはしなかった。対する浦和は、10日のリーグ戦から6人変更。ややメンバーを落とすことを選んだ。

 すると、序盤からG大阪が主導権を握り、開始10分でファン・ウィジョがゴール。41分には長沢駿のゴールが決まり、2-0で折り返す。54分に長沢の2点目でリードを広げると、1点を返されながらも87分に後半から出場の中村敬斗がダメ押し弾を決めて4-1と大勝した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年3月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュース

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。