元バルサFW、英で練習参加拒否される。「態度が周囲に悪影響」で監督が決断

元バルサFW、英で練習参加拒否される。「態度が周囲に悪影響」で監督が決断
ストーク・シティのFWイブラヒム・アフェライ【写真:Getty Images】

 ストーク・シティのFWイブラヒム・アフェライが、クラブから練習参加を拒否された。英メディア『BBC』などが伝えている。

 31歳のアフェライは、2011年から15年にかけてバルセロナに所属した元オランダ代表のアタッカー。本来であれば、残留争いを強いられているストークを引っ張るべき存在とも言える。

 しかし、シーズン途中からストークを率いているポール・ランバート監督は、アフェライを起用していない。それどころか、練習での姿勢やパフォーマンスがチームに悪影響を与えるとして、指揮官に練習参加を拒否されたとのことだ。

 アフェライは今季のプレミアリーグで先発が1回のみ。1月15日にベンチ入りしたあとは、ベンチ入りすらもしていなかった。ストークは同選手と2019年までの契約を交わしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年3月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。