バルサ、リーガ最長の無敗記録まで「あと2試合」。今節が大きな山場に

バルサ、リーガ最長の無敗記録まで「あと2試合」。今節が大きな山場に
今季無敗を維持するバルセロナ【写真:Getty Images】

 バルセロナは、リーガエスパニョーラ歴代最長の無敗記録まで「あと2試合」に迫っている。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 今季リーガでは、バルサは無敗を守って首位を快走中。ここまで29試合を終えて23勝6分けの成績を残している。昨季の終盤戦を7連勝で終えていたのも加えれば36試合連続の無敗だ。

 2月24日のジローナ戦に勝利した時点で、ジョゼップ・グアルディオラ元監督が達成していたクラブレコードの31試合連続無敗を上回った。その後も無敗記録を伸ばしたバルサは、リーグ記録の更新も射程圏内に捉えている。

 リーガ最長の無敗記録を保持するのはレアル・ソシエダ。1979年4月から1980年5月にかけて、38試合連続無敗という記録だった。バルサは現地時間31日に行われるセビージャ戦と、次節のレガネス戦にも負けなければソシエダの記録に並ぶ。4月14日のバレンシア戦まで無敗を継続すれば記録更新となる。

 だが、アウェイでのセビージャ戦には注意が必要かもしれない。ソシエダの38試合連続無敗記録が途切れたのも同じくセビージャでの試合だった。レガネス戦、バレンシア戦はいずれも本拠地カンプ・ノウでの試合となるため、セビージャ戦を乗り切ることができれば新記録は見えてくる。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年3月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。