サラー、エジプト大統領選で驚きの「2位」。絶大な人気で100万票獲得

サラー、エジプト大統領選で驚きの「2位」。絶大な人気で100万票獲得
リバプールのモハメド・サラー【写真:Getty Images】

 リバプールでプレーするエジプト代表FWモハメド・サラーは、国内で圧倒的人気を誇る英雄となっており、大統領選でも多数の票を獲得したという。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

 昨夏ローマからリバプールへ移籍したサラーは、ここまでプレミアリーグ30試合出場で28得点、公式戦40試合で36得点を挙げる大活躍。リオネル・メッシらも上回り、欧州得点王に贈られるゴールデンシュー争いのトップに立っている。

 エジプト代表でもエースとして活躍し、ロシア・ワールドカップの予選突破に大きく貢献。エジプトにとっては28年ぶりのワールドカップ出場権獲得となった。

 国内では当然ながら英雄視され、絶大な人気を誇る。今週行われたエジプト大統領選では、当然ながら立候補していないにもかかわらず、約100万票がサラーに投じられたとのことだ。

 現職のアブドルファッターフ・アッ=シーシー大統領は92%の票を獲得して再選。だがサラーにも約5%の票が投じられ、対立候補であるムサ・モスタファ・ムサ氏への票(約3%)を上回った。投票用紙にサラーの欄はなかったが、欄外に追記する形で投票が行われたようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年3月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。