ハリル氏、電撃解任で訴訟を準備か。違約金交渉は合意に至らなかった?

ハリル氏、電撃解任で訴訟を準備か。違約金交渉は合意に至らなかった?
ヴァイッド・ハリルホジッチ氏【写真:Getty Images】

 日本代表監督を電撃解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、日本サッカー協会(JFA)に対して訴訟の準備をしているという。セルビア『Sportska Centrala』が伝えている。

 ハリルホジッチ氏は、今月7日にJFAの田嶋幸三会長と話し合いの席で監督解任を告げられた。フランス『レキップ』は、契約解除に伴う違約金に関する話し合いはなかったようだと伝えていたが、『Sportska Centrala』は、この話し合いが「合意に至らなかった」としている。

 同メディアは「ハリルホジッチは日本に対して訴訟を準備している」と記しており、ワールドカップ2ヶ月前の電撃解任はしばらく荒れるかもしれない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年4月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。