「収穫はもちろんあった」。大迫勇也が感じた手応えと課題

「収穫はもちろんあった」。大迫勇也が感じた手応えと課題
大迫勇也【写真:Getty Images】

【日本 0-2 スイス 国際親善試合】

 日本代表は現地時間8日、国際親善試合でスイス代表と対戦し、0-2で敗れた。負傷で途中交代となったFW大迫勇也は、強敵相手に「収穫があった」と話している。

 ロシアワールドカップを控える日本代表は、ガーナ戦に続いてスイス戦でも結果が出せなかった。しかし、相手はFIFAランキング6位。大迫は強敵相手に通用した部分に目を向けている。

 大迫はこの試合の収穫を問われると、「もちろんありますよ」と返答。「守備でハマったときはハマったと思います。相手はかなり良いチームだったので、その中でやれたことはやれたと思います」と振り返った。

 その一方で課題も感じており、「かみ合わせにもどかしさはあった」と守備面の連係についてコメント。「ただボード上でサッカーをやっているわけじゃないので、難しさはある。でも、ちょっとしたポジショニングで変わると思いますし、チームとしてもっと守備をできるようになりたいです」と改善を誓っている。

 いずれにしても、「方向性は、僕らが監督を信じてやるだけ」と大迫。「完全にダメな試合だったとは思っていない。前半や後半の立ち上がりにチャンスはあった。ちょっとしたポジショニングやスイッチの入れどころで変わるはずなので、みんなでしっかり映像を見て反省をいかしたいです」と前を見ている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大迫勇也 ブレーメン
  2. 大迫勇也 日本代表
  3. 大迫勇也 評価
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年6月9日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大迫勇也 + 評価」のおすすめ記事

「大迫勇也 + 評価」のおすすめ記事をもっと見る

「大迫勇也 + 日本代表」のおすすめ記事

「大迫勇也 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。