ブッフォン移籍が破談になる可能性。PSG、6月末までに78億円相当の選手売却必須に

ブッフォン移籍が破談になる可能性。PSG、6月末までに78億円相当の選手売却必須に
ジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】

 パリ・サンジェルマン(PSG)がFFP(ファイナンシャル・フェアプレー)に抵触した場合、GKジャンルイジ・ブッフォンの移籍が破談となるかもしれない。13日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 昨年夏にバルセロナからネイマールを獲得するなど、大型補強に動いたPSGはFFPに抵触する可能性が指摘されていた。もし、それが認められた場合は欧州サッカー連盟(UEFA)から補強禁止処分を受けるかもしれない。そうなれば、ブッフォンの加入は白紙になるという。

 また、英メディア『BBC』は、FFPを回避するためにPSGが行うべき事柄を報じている。同メディアによると、6月末までに5290万ポンド(約78億1000万円)相当の選手を売却する必要があるようだ。売却候補は主力の中から選ばれることも予想され、ロシアワールドカップに出場している選手が対象になる可能性も。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年6月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。