VARの被害者…? デンマークFW、52年間で初の同一大会2度のPK献上【ロシアW杯】

VARの被害者…? デンマークFW、52年間で初の同一大会2度のPK献上【ロシアW杯】
デンマーク代表のFWユスフ・ポウルセン【写真:Getty Images】

【デンマーク 1-1 オーストラリア ロシアワールドカップ・グループリーグC組第2節】

 デンマーク代表のFWユスフ・ポウルセンが、不名誉な記録を残してしまった。スポーツのデータを扱う『Opta』が伝えている。

 現地時間21日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグ第2節でオーストラリアと対戦したデンマーク。ポウルセンは37分に相手FWマシュー・レッキーと競り合った際、相手のヘディングシュートを手でブロックしてしまった。

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で主審が確認した結果PKとなり、オーストラリアに同点弾を決められている。

 ポウルセンは初戦のペルー戦でもVARでPKと取られており、これで2試合連続のPK献上だ。『Opta』によると、ワールドカップ同一大会で2度のPK献上は、1966年のデータ集計開始以降初のことだ。

 ただ、ポウルセンはペルー戦で決勝点となる得点を挙げ、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれていた。

 2試合で勝ち点4を手にしたデンマークは、26日にフランスと対戦だ。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年6月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。