決勝担当の主審が決定!開幕戦など合計4試合裁いたアルゼンチン人審判 【ロシアW杯】

決勝担当の主審が決定!開幕戦など合計4試合裁いたアルゼンチン人審判  【ロシアW杯】
ネストール・ピタナ主審【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)が12日、現地時間15日に行われるロシアワールドカップ決勝のフランス対クロアチアで、アルゼンチン人のネストール・ピタナ氏が主審を担当すると発表した。また、3位決定戦のベルギー対イングランドはイラン人のアリレザ・ファガニー氏が主審を担当する。

 ピタナ氏は今大会で4試合担当している。開幕戦のロシア対サウジアラビアやメキシコ対スウェーデン、決勝トーナメント1回戦のクロアチア対デンマークや準々決勝のフランス対ウルグアイの試合である。つまり、フランス代表とクロアチア代表、どちらの試合も裁いた経験があるわけだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年7月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。