大統領と肩を組み、監督会見に乱入…フランス代表DFが“大暴れ”。出場時間はわずか40分【ロシアW杯】

大統領と肩を組み、監督会見に乱入…フランス代表DFが“大暴れ”。出場時間はわずか40分【ロシアW杯】
フランス代表のバンジャマン・メンディは監督会見に乱入して優勝の喜びを爆発させた【写真:Getty Images】

 ロシアワールドカップはフランス代表の20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。

 優勝セレモニーは大雨の中で行われ、フランスの選手たちは歓喜に沸いた。そしてその後も、お祝いムードは続き、ある1人のDFの行動が話題を呼んでいる。

 決勝では出番のなかったDFバンジャマン・メンディーは、優勝セレモニー直後から自身のインスタグラムに次々動画をアップした。その中の1本には、ロッカールームを訪問したフランスのエマニュエル・マクロン大統領に「DABポーズ」を促す様子が収められいた。

「DABポーズ」はヒップホップがルーツで、両腕を斜めに伸ばす動作が特徴的。フランス代表のポール・ポグバや、イングランド代表のジェシー・リンガードら、サッカー界でも多くの選手がゴールパフォーマンスなどで披露してきた。いわばストリートカルチャーの象徴といえる動きを自国の大統領に披露させたのである。

 40歳のマクロン大統領はフランスのゴール時にスタンドのVIP席で立ち上がって大喜びする様子が伝えられていたが、ロッカールームでも選手と一緒になって弾けていた。

 また、メンディーはディディエ・デシャン監督の記者会見にも乱入し、机の上に乗って大声で歌っていた。チームのムードメーカーは、大会中に1試合わずか40分間の出場にとどまっても、優勝の喜びを爆発させていた。

 極めつけは、またもインスタグラムの中に。決勝戦に出場していないにもかかわらず、クロアチア代表のキャプテンにして大会MVPにも輝いたルカ・モドリッチのユニフォームをちゃっかりゲットしていたのである。他にも背番号は不明ながらベルギー代表のユニフォームを着ている姿も動画に収められていた。


あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年7月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。