本田圭佑、豪州リーグ参戦に現実味。メルボルン・V加入交渉が大詰めと現地紙報じる

本田圭佑、豪州リーグ参戦に現実味。メルボルン・V加入交渉が大詰めと現地紙報じる
本田圭佑のAリーグ参戦が現実味を帯びてきている【写真:Getty Images】

 昨季限りでメキシコ1部のパチューカを退団し、フリーになっている日本代表MF本田圭佑。アメリカやブラジルなど、様々な場所が新天地として噂されるが、ここにきてオーストラリア移籍の可能性が高まってきたようだ。

 オーストラリア紙『シドニー・モーニング・ヘラルド』によれば、本田はAリーグのメルボルン・ビクトリー加入に近づいているという。代理人がクラブと合わせてオーストラリアサッカー連盟とも数ヶ月にわたって交渉し、「マーキー・プレーヤー」として迎え入れられるとのこと。

 Aリーグはサラリーキャップ制度を導入しており、ほとんどの選手は年俸を制限内に低く抑えられている。ただ、その枠から外れる存在として2人まで「マーキー・プレーヤー」の契約が認められている。

 メルボルン・ビクトリーはすでにドイツ1部フライブルクから元ドイツU-19代表DFゲオルグ・ニーダーマイアーを獲得しており、彼もマーキー・プレーヤー枠とみられる。外国人枠は現時点でニーダーマイアーとニュージーランド代表FWコスタ・バルバルセスしか使っていないため、本田獲得に支障はない。

 また、昨季までのエースストライカーだった元コソボ代表FWベサルト・ベリシャをサンフレッチェ広島に放出してしまったため、メルボルン・ビクトリーにとって新たな攻撃の核の補強が急務になっていた。

 なお、本田の給与はメルボルン・ビクトリーからだけでなく、オーストラリアサッカー連盟のマーキー・ファンドからも支援を受けるという。最低賃金が年俸約6万豪ドル(約500万円)、チームごとのサラリーキャップが約300万豪ドル(約2億5000万円)という中で、本田との契約は年俸数百万豪ドルという破格の待遇になるとも伝えられている。

 かつてロマーリオやロビー・ファウラー、アレッサンドロ・デル・ピエロ、小野伸二、エミール・へスキー、ダビド・ビジャらが歴史を作ってきたAリーグの舞台に、本田も立つことになるのか。今後の動向に注目が集まる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 本田圭佑 SVホルン
  2. 本田圭佑 twitter
  3. 本田圭佑 カンボジア
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年7月19日のサッカー記事
「本田圭佑、豪州リーグ参戦に現実味。メルボルン・V加入交渉が大詰めと現地紙報じる」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    オーストラリアね、本田は、どこへ行くのか?

    1
  • 匿名さん 通報

    なんで今さら国外?jリーグでKAZUのように若手に刺激を与えたら。

    0
  • 匿名さん 通報

    伸びしろがグニャグニャ。じゅんいちも海外で活動か。

    0
  • 匿名さん 通報

    オーストラリアだとクラブW杯に毎年出られる確率が相当良いだろう。確かオセアニア代表でニュージーランドとオーストラリアのどちらかしかリーグそのものがない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「本田圭佑 + SVホルン」のおすすめ記事

「本田圭佑 + SVホルン」のおすすめ記事をもっと見る

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事

「本田圭佑 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュース

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。