俺たちフロンターレ育ち。三好康児と板倉滉、武者修業で掴んだ自信と共鳴する日本代表への思い

俺たちフロンターレ育ち。三好康児と板倉滉、武者修業で掴んだ自信と共鳴する日本代表への思い
三好康児(左)と板倉滉(右)は憧れの日本代表入りへ、森保一監督にアピールを続ける【写真:Getty Images】
もしレンタルに出なかったら…

 U-21日本代表には、川崎フロンターレから期限付き移籍に出た今季、大きく飛躍を遂げた2人がいる。三好康児と板倉滉。小学5年生の頃から同じチームで育ち、同じタイミングでプロになり、ずっと一緒に育ってきた。彼らは今、将来に向けて何を思うのか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

———

 インドネシアで開催されているアジア競技大会の男子サッカーには、U-21日本代表が参戦している。2年後の東京五輪を見据えたチーム作りの最中ではあるが、今大会はFIFAの公式戦カレンダーに含まれていないため、代表に選手を拘束する権利がない。

 Jリーグも後半戦に入って各クラブが気の抜けない戦いを続けており、他にも幾つかの理由から選手の招集に多くの制約があった。例えば原則として1クラブから各1人ずつしか選考できず、欧州でプレーする選手はシーズン開幕の時期と重なるため招集は困難。さらに10月にAFC U-19選手権(来年のU-20ワールドカップ予選を兼ねる)を控えるU-19代表世代も招集できなかった。

 そんな中でU-21日本代表の中核を担うのは、1997年生まれの選手たち。特に早生まれのメンバーが、リーダーシップをとってアジアの頂点を目指して戦っている。今大会で言えばGK小島亨介、DF板倉滉、MF三好康児の3人が最高学年ということになる。

 チームキャプテンを任されたのは三好だった。10番を背負う小柄なアタッカーは腕章を巻いて出場したグループリーグ初戦のネパール戦後に「(キャプテンは)なかなかやることはなかったですけど、こういう立場でやらせてもらえるのは自分にとってすごくいい経験になるので、声を出すのはもちろんですけど、プレーでも示していきたい」と決意を語っていた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年8月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら