カソルラ、アーセナルに心残りが一つ「ファンの前で別れの挨拶したかった」

カソルラ、アーセナルに心残りが一つ「ファンの前で別れの挨拶したかった」
アーセナルでプレーしていたサンティ・カソルラ【写真:Getty Images】

 アーセナル退団後、今夏の移籍市場でビジャレアルに加入した33歳の元スペイン代表MFサンティ・カソルラが、アーセナルに心残りが一つあると明かした。7日に英紙『メトロ』が報じている。

 カソルラは17歳の時にビジャレアルの下部組織に移り、2003年にトップチームデビュー。その後、レクレアティーボやマラガへの移籍を経て、2012年からアーセナルでプレーしていた。しばらくチームの中心選手として活躍していたが、2016年10月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のルドゴレツ戦で右足首を負傷し、その後は10度も手術を経験。感染症にもかかり、右足切断の危機を迎えたこともある。

 なんとか苦難を乗り越えたが、契約満了のため昨季限りで6年在籍したアーセナルを去ることになった。カソルラは「アーセナルの人々は僕を愛してくれた。いつまでもアーセナルと繋がっていると感じている。たくさんの愛情があるんだ。エミレーツでプレーして、お別れの挨拶が出来なかったことが心残り。もし、去らないといけない時が来たら、ファンの前でそうすることを望んでいたんだ」とコメントしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年9月8日のサッカー記事
「カソルラ、アーセナルに心残りが一つ「ファンの前で別れの挨拶したかった」」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    カソルラ選手も元アーセナルの宮市選手も頑張って下さい

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。