イブラもサラーのプスカシュ賞受賞に疑問。ただ、「オレがいないから興味ない」

イブラもサラーのプスカシュ賞受賞に疑問。ただ、「オレがいないから興味ない」
ズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

 ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、プスカシュ賞の選考がおかしかったと感じている。ただ、どうでも良いことだと笑い飛ばした。クラブの公式ツイッターが、同選手のインタビューを紹介している。

 FIFAプスカシュ賞はFIFAが決定する年間ベストゴールに贈られる賞。今年の受賞者となったのはリバプールのFWモハメド・サラーだが、そのほかの候補となったゴールよりもインパクトがないと批判されている。

 サラーのゴールが受賞したことについて問われたイブラヒモビッチは「ノー」と返答。どのゴールが受賞にふさわしかったと聞かれると、「クリスティアーノ(・ロナウド)のゴールは良かったね」としながらも「ノミネートされたものは知らない。自分のゴールが入っていないなら興味はないからね」と話して記者の笑いを誘うと、さらに「オレのゴールはそこにあるべきだった。ロサンゼルスFC戦のゴールだ。それに500得点達成のゴールもある。どうだろう…、来年は入るんじゃないかな」と、笑顔を浮かべた。

 36歳のイブラヒモビッチは今月16日、トロントFCとの試合でキャリア通算500得点を達成。後方から飛んでくるロングボールに回し蹴りで合わせた離れ業だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年9月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。