バルサ、2試合勝利なしも監督の自信変わらず「選手は素晴らしい姿勢で臨んでいる」

バルサ、2試合勝利なしも監督の自信変わらず「選手は素晴らしい姿勢で臨んでいる」
エルネスト・バルベルデ監督【写真:Getty Images】

 バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督は、自身の選手たちを信じている。スペイン『マルカ』などが、同指揮官の会見の様子を伝えた。

 バルセロナは現在、難しい状況だ。リーグ戦で開幕4連勝を飾って今季も好スタートを切ったかと思われたが、第5節のジローナ戦で2-2と引き分けると、第6節は最下位だったレガネスに逆転負け。29日のアスレティック・ビルバオ戦のあとにはトッテナムとのチャンピオンズリーグが控えており、早く本来の調子を取り戻したいところだ。

 レガネス戦では同点弾を許した直後にDFジェラール・ピケが決定的なミスをして逆転された。選手の姿勢に問題があるのではないかとの指摘が出ているが、指揮官はこれを否定している。

 バルベルデ監督は、「負けたときは、どんな批判も出てくる。私は気にならないよ。私のチームは素晴らしい姿勢で臨んでいる。誰だってミスはするものだ。私だって選手だってね」と、チームに対する変わらぬ信頼を協調した。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年9月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。