ユーベ、入場禁止処分受けたゴール裏を子供たちに開放。9千人を招待

ユーベ、入場禁止処分受けたゴール裏を子供たちに開放。9千人を招待
ユベントス・スタジアム【写真:Getty Images】

 イタリアのユベントスは、サポーターの入場禁止処分を受けたホームスタジアムゴール裏を開放し、9千人の子供たちを招待することを発表した。

 現地時間9月29日に行われたセリエA第7節のナポリ戦で地域差別的なチャントが歌われたとして、ユーベはホームゲームでゴール裏を入場禁止とする処分を下された。20日のジェノア戦で適用される。

 一般のサポーター入場は認められないが、ユーベはこの試合に子供たちを招待することを16日に発表。クラブ周辺地域の少年サッカーチームに所属する、2004年から2011年生まれの子供たちが対象となる。

 観戦を希望するチームは所定のフォームで申請を提出すれば、最大で1チームあたり子供20人および付き添いの大人4人までの入場が認められるとのことだ。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年10月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。