リーガ会長がPSGを批判「違反をしたら、CLから除外されなければいけない」

リーガ会長がPSGを批判「違反をしたら、CLから除外されなければいけない」
スペインプロリーグ機構ハビエル・テバス会長【写真:Getty Images】

 スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長はフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマン(PSG)に対して「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に違反したチームはチャンピオンズリーグ(CL)などの主要大会から除外されなければいけない」と批判したと仏メディア『AFP』などが伝えている。

 PSGは昨夏、バルセロナからブラジル代表FWネイマールを2億2200万ユーロ(約289億円)で獲得。さらにネイマールと契約を結んだ数週間後にフランス代表FWキリアン・エムバペを買取オプション付きで獲得。テバス会長はこれらを引き合いに出し、FFP違反になると同メディアのインタビューで伝えた。

 さらにテバス会長は「PSGだけでなく、マンチェスター・シティや他クラブも違反に値する」と語り、「経済的なバランスを保ち、ヨーロッパサッカーの重要性を守らなくてはならない」と強調。

 今夏の移籍ではネイマールのようなビックディールは無かったものの、今冬の移籍市場でのメガクラブの動きはあるのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年11月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。