レアル、チタンで覆われた世界最高峰のスタジアム建設予定。建設費用600億円以上

レアル、チタンで覆われた世界最高峰のスタジアム建設予定。建設費用600億円以上
サンチャゴ・ベルナベウ【写真:Getty Images】

 リーガエスパニョーラのレアル・マドリーは2019年に新スタジアムの建設を開始すると米メディア『CNN』などが報じた。建設費用は約600億円だという。レアルのフロレンティーノ・ペレス会長は「21世紀最高のクラブになる」と話していると同メディアは報じた。

 新スタジアムの建設は2019年に始め3年は掛かるという。スタジアムの外装はチタンを導入する。さらに、開閉式の屋根やeスポーツアリーナ、360度どこからでも見られるスコアボードも設置予定。

 この新スタジアムが建設されれば、レアルは1シーズンの収益が約170億円増になると予想していると同メディアは伝えた。

 UEFAチャンピオンズリーグ3連覇を達成したヨーロッパ王者のレアルは新スタジアムを建設し、21世紀最高のクラブとなる。

あわせて読みたい

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年11月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。