英女子リーグで珍事。主審がコイン忘れ、3週間の活動停止処分

英女子リーグで珍事。主審がコイン忘れ、3週間の活動停止処分
FA女子スーパーリーグ(FAWSL)【写真:Getty Images】

 イングランドのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)のマンチェスター・シティ対レディングFCの試合で、主審がキックオフ前のコイントスの際にコインを忘れ、3週間の活動停止処分を受けたと英メディア『BBC』などが現地時間の14日に報じた。

 この珍事件が起きたのは10月26日に行われたマンチェスター・シティ対レディングFCの試合。主審はコインを忘れたことに気づき、ロッカールームに戻ったという。そして試合開始予定の時刻が過ぎてしまい、TV中継の時間も押してしまったという。

 イングランドサッカー協会(FA)のレフリーの管理者は「TV中継の時間が押してしまった。プロのレフリーとしてあるまじき行為である」と話したと同メディアは伝えている。

 なお、この主審の処分は今月26日から12月16日までとなっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マンチェスター・シティ 監督
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年11月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事

「マンチェスター・シティ + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。