アザール、移籍の可能性認める。「1月にはないが来年夏にはあり得る」

アザール、移籍の可能性認める。「1月にはないが来年夏にはあり得る」
チェルシーのエデン・アザール【写真:Getty Images】

 チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、来夏に他クラブへ移籍する可能性があることを認めつつ、パリ・サンジェルマン(PSG)を含めたフランスのクラブへの移籍は否定している。フランス『カナル・プリュス』に語った。

 チェルシーの中心選手として活躍を続けているアザールは、今年夏にはレアル・マドリーへの移籍が盛んに噂されたが実現せず。チェルシーに残留しているが、現在の契約は2020年夏までであり、今季が終了すれば残り1年となる。

 PSGもアザールの獲得を狙っているクラブのひとつだと言われる。アザール自身も「過去にPSGとの接触はあった」と認めた上で、「惹かれはしなかった」とも主張している。

「いつかフランスに戻ることがあるとすれば、リールに戻ることになる。今のところはフランスリーグへ戻る可能性はないけどね」とアザールは、2012年にチェルシーへ移籍するまで在籍していた古巣への愛着を強調した。

 しかし、来夏にフランス以外の他クラブへ移籍する可能性は否定していない。「6月には(契約が)残り1年になる。延長していなかったとすれば、可能性はある。1月に移籍するとは思えないが、来年夏にはあり得る。だが、キャリアの残りをチェルシーで過ごす可能性もある」とアザールは語っている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年11月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。