バルサ、CLグループステージで12年ぶりにボール支配率が下回る

バルサ、CLグループステージで12年ぶりにボール支配率が下回る
バルセロナ【写真:Getty Images】

 リーガ・エスパニョーラのバルセロナは現地時間11日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージB組第6節トッテナム戦で12年ぶりにボール支配率が下回ったと英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の12日に報じた。

 バルセロナは2006年の12月5日に行われたブレーメンとの試合以来CLのグループステージで12年ぶりにボール支配率が下回った。その試合のバルセロナのボール支配率は42.91%だった。トッテナム戦の支配率は48.81%と互角であるものの、わずかにトッテナムを下回っている。

 ただ、同メディアはこの試合を前に決勝トーナメント進出が決まっていたバルセロナがDFジェラール・ピケ、MFセルヒオ・ブスケッツ、FWリオネル・メッシらを温存していたことを指摘したが、トッテナムがポゼッションを得意とするバルセロナからボール支配率で上回ったことを讃えている。

 また、この試合は今季のCLグループステージ全6試合で、唯一バルセロナがボール支配率60%を下回った試合でもあった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2018年12月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。