シュミット・ダニエル、アジアカップでは守備の役割を重要視。「ゼロで抑えることがポイント」

シュミット・ダニエル、アジアカップでは守備の役割を重要視。「ゼロで抑えることがポイント」
シュミット・ダニエル【写真:Getty Images】

 UAEで開催中のアジアカップで2大会ぶりの優勝を目指す日本代表は22日、24日に対戦する準々決勝のベトナム戦に向けて練習を行なった。

 第3戦のウズベキスタン戦でスタメン出場を果たしたGKシュミット・ダニエルは決勝トーナメント一回戦サウジアラビア戦をベンチで観て、アジアカップにおける守備の重要性を話した。

 シュミット・ダニエルは練習後に取材に応じ「試合によりますけど、もしかしたら決定機もあったかもしれない試合で、ああいう試合でGKが最後止めるか止めないかっていうのはホントに大きいと思う。後ろがゼロだったら、まあPK次第ですけど、ほぼ負けはしないと思うし、すごい大事ですね」と失点をしないということをポイントに挙げた。

 また、サウジアラビア戦についてシュミット・ダニエルは「昨日の試合、ディフェンス陣がすごい体張ってくれて、結果的に枠内シュートも1に抑えてたし、その中で放り込んできたボールに対して凄い権ちゃん(権田修一)も良い対応してたし、全部ほとんどキャッチしてしっかりマイボールにして、フィードでも凄い良いところに的確にフィードしてて、凄い参考になった試合で、まあベンチのみんなも凄い気持ち入ってて、なんか久々に感動した試合って言うか、あれをベンチで経験出来て良かったと思います」と冷静に分析した。

 森保一監督が総力戦となると話していたアジアカップ。次のベトナム戦での出場に期待がかかる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年1月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。