森保一監督、VAR導入のベトナム戦でもブレない姿勢。「現実を受け止めて最良のことをやる」

森保一監督、VAR導入のベトナム戦でもブレない姿勢。「現実を受け止めて最良のことをやる」
森保一【写真:舩木渉】

 UAEで行われているAFCアジアカップで2大会ぶりの優勝を目指す日本代表の森保一監督は24日に行われる準々決勝ベトナム代表戦に向けて前日会見に望んだ。

 勝てばベスト4進出となるベトナム戦に向けて森保監督は「サウジアラビア戦から中2日ということで、スケジュール的には厳しいですけど、選手にはしっかりと心身ともに回復してもらい、明日のベトナム戦に向けて良い準備をしてもらいたいと思いますし、チームとして良い準備ができてきていると思います」と話した。

 また、優勝候補の一角とされる日本代表として森保監督は「チームとしてはまだまだ成長していかなければいけない、経験値の浅い選手もいる中で、一戦一戦、目の前の試合に勝って、一戦一戦学びながら成長して次のステップに向かっていくということをやってきています。明日の試合も非常に難しい、厳しい試合になることを覚悟して、チームとしてチャレンジャー精神を持つことと、我々がこれまでに出してきた結果に自信を持って臨めればと思っています」と挑戦者として、優勝を目指している。

 今大会は準々決勝からビデオアシスタントレフェリー(VAR)が導入されることについて森保監督は「VARがあってもなくても、我々がやることに変わりはないかなと思っています。すべて現実を受け止めて、その現実の中で最善のこと、最良のことをやっていこうということ。いろいろジャッジの部分も含めて、心を乱されそうな状況があると思いますが、まず続けてやることが大切ではないのかなということは選手には言っています」とVARがあっても、やるべきことは変わらないということを強調した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年1月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。