吉田麻也、チーム内の雰囲気の良さを強調。「8年前に優勝した時もそうだった」

吉田麻也、チーム内の雰囲気の良さを強調。「8年前に優勝した時もそうだった」
日本代表の吉田麻也【写真:舩木渉】

 現地時間2月1日にAFCアジアカップ2019決勝が開催され、日本代表とカタール代表が対戦する。日本代表キャプテンのDF吉田麻也が試合前日の会見に臨み、タイトルの懸かる一戦への意気込みを語った。

 前回大会で準々決勝敗退に終わった日本代表にとっては2大会ぶりの決勝進出。吉田は長友佑都とともに、オーストラリアを破って優勝した8年前の決勝にも出場していた数少ない選手の一人となる。8年前と現在のチームを比較すると、欧州のクラブでプレーする選手が増えたこともあり、精神面での成長が感じられると吉田は語る。

「9年前のワールドカップのあとに多くの選手が海を渡ってヨーロッパでプレーするようになった。精神的な成長は日本の財産になっているのではないかと思います。(準決勝の)イラン戦の前にも、若い選手たちもイランのサポーターが多く入ったアウェイの雰囲気を楽しんでいるようでしたし、僕自身もそれは非常に心強いなと感じました」

 2011年大会と同じく、現在のチームも非常に良い雰囲気で団結できているという。「どんな仕事をする時もそうだと思いますけど、良いグループであればあるほど良い結果を出せるのではないかと感じています。前回のワールドカップも8年前のアジアカップもそうですけど、良いグループで良い雰囲気で戦える、その中で仕事をできるのはとても誇らしいことです」

 今大会で通算5回目のアジア制覇を成し遂げることは、日本サッカーにとって非常に大きな意味があると吉田は主張する。「ワールドカップの前から皆さんにずっと言い続けていますけど、ロシアワールドカップ、アジアカップ、そして次のコパ・アメリカというのは日本サッカーにとって非常に大きなターニングポイントというか、大きな意味をなす時期だと思っています」

「ここで結果を出せるかどうかでこの後の日本サッカーの、もちろんスポーツとしての人気もそうですけど、成長にも関わっているなと。僕らはその大きな責任を背負ってプレーしていると自覚しています。優勝できれば世代交代をしている日本にとって大きな一歩になる」と吉田。前回優勝時には若手メンバーの一人だった男は、今回は頼れる主将としてチームをタイトルへ導くことができるだろうか。

(取材:舩木渉【UAE】、文・構成:編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 吉田麻也 Instagram
  2. 吉田麻也 twitter
  3. 吉田麻也 サウサンプトン
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年1月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「吉田麻也 + 評価」のおすすめ記事

「吉田麻也 + 評価」のおすすめ記事をもっと見る

「吉田麻也 + 日本代表」のおすすめ記事

「吉田麻也 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「浅野拓磨」のニュース

次に読みたい関連記事「浅野拓磨」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら