内田篤人が吠えた。鹿島よ王者たれ…受け継いだ腕章の意味、背中で示す勝利の精神

内田篤人が吠えた。鹿島よ王者たれ…受け継いだ腕章の意味、背中で示す勝利の精神
内田篤人は川崎フロンターレ戦で伊藤翔の同点ゴールをアシストした【写真:Getty Images】
内田らしさが詰まった絶妙アシスト

 鹿島アントラーズが苦しんでいる。川崎フロンターレと対戦した1日のJ1第2節で引き分け、リーグ開幕から2試合勝ちがない。そんな中、キャプテンの内田篤人は訴える。タイトルを勝ち取るために何が必要なのか、今のチームは何をしなければならないのか。背番号2は熱かった。(取材・文:舩木渉)

———-

 右ひざには黒いサポーターが厳重に巻かれ、接触プレーで地面に倒れこめばヒヤリとする。これ以上彼のプレーが見られなくなってしまうのではないか…というくらいの脆さすら感じさせる。だが、内田篤人は何度でも立ち上がり、勝利に向かって走り続ける。

 現代のサイドバックのお手本のような選手だ。プレーの1つひとつが実に知的で、スマートさも泥臭さも兼ね備える。いまだに日本代表に彼がいれば…と思ったことは一度や二度ではない。その存在感は今季の鹿島アントラーズでも健在だった。

 去る1日に行われたJ1リーグ第2節の川崎フロンターレ戦で、内田は今季初のスタメン出場を果たす。おそらくコンディションは6割か7割か、いずれにしろ万全でないのは一目でわかった。それでもパフォーマンスの質の高さは相変わらず。伊藤翔のゴールをアシストしたロングフィードの判断には内田らしさが詰まっていた。

「本当は適当にボンって前に蹴ろうと思ったんだけど、翔が裏に動き出したら速いボールを蹴ろうかと。でも、速いボールだと裏につーんと抜けちゃうから。もう足を振りかぶっていたからわからないけど、たぶん翔とDFがぶつかっているんだよね。それで『これはいける』と思って、GKとDFの間に途中で変えた。翔がよく決めたよ、あれは。トラップもうまかった。キックした人もうまかったけどね(笑)」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内田篤人 クラブW杯
  2. 内田篤人 鹿島アントラーズ
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年3月5日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内田篤人 + クラブW杯」のおすすめ記事

「内田篤人 + クラブW杯」のおすすめ記事をもっと見る

「内田篤人 + 鹿島アントラーズ」のおすすめ記事

「内田篤人 + 鹿島アントラーズ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。