神戸、ATに逆転されるも土壇場で執念のドロー。両チーム合わせて3本のPK獲得

神戸、ATに逆転されるも土壇場で執念のドロー。両チーム合わせて3本のPK獲得
ウェリントン【写真:Getty Images】

名古屋グランパス 2-2 ヴィッセル神戸 ルヴァンカップ グループC第1節】

 ルヴァンカップのグループC第1節が6日に行われ、ヴィッセル神戸がアウェイで名古屋グランパスと対戦し、2-2の引き分けとなった。

 神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとFWダビド・ビジャがベンチ入り。FWには19歳の郷家友太、小川慶治朗、ウェリントンが先発に名を連ねた。FWルーカス・ポドルスキはベンチ外となった。Jリーグ開幕から2連勝中の名古屋は18歳のDF菅原由勢がセンターバックに入り、ジュビロ磐田から期限付き移籍中のU-21日本代表MF伊藤洋輝らが先発と若手を起用した。

 19分、神戸がチャンスを作る。名古屋のDFラインの裏に抜け出した小川がペナルティエリア右に進入。MF田中順也にパスを送ると、そのまま左へパス。GK武田洋平が一度触るが、DF藤谷壮が反応しシュートを放つ。無人のゴールへ放ったシュートはゴール左に外れてしまう。

 前半ATの46分、ペナルティエリア手前のやや右寄りの位置でDF櫛引一紀がハンド。神戸はFKを得ると、田中が強烈なシュートを放つが、武田が好セーブ。神戸はチャンスを作るも、得点には至らず。スコアレスで前半を折り返す。

 カウンターから神戸がチャンスを作る。57分、小川が左サイドで受けると、中央にドリブル。小川を追い越しペナルティエリア左に進入した田中にパスを送る。田中はグラウンダーで中央にクロスを送ると、ウェリントンが流し込み、先制に成功した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 名古屋グランパス 風間八宏
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年3月6日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。