東京Vユース同期と共に日本代表初招集。畠中槙之輔「昨年夏に移籍した理由は…」

東京Vユース同期と共に日本代表初招集。畠中槙之輔「昨年夏に移籍した理由は…」
東京ヴェルディ時代の畠中槙之輔(左)と安西幸輝(右)【写真:Getty Images】

 日本サッカー協会は14日、今月22日のコロンビア戦と26日のボリビア戦に向けた日本代表メンバーを発表した。

 A代表初招集となった4人の中に、興味深いコンビがいる。それはDF安西幸輝とDF畠中槙之輔だ。現在はそれぞれ鹿島アントラーズと横浜F・マリノスで活躍している2人だが、実は1995年生まれの同い年で、東京ヴェルディジュニア、ジュニアユース、そしてユースの同期でもある。

 ジュニア時代から互いを知り尽くした2人が、同時に日本代表初招集となり、すでに畠中のもとには安西から電話がかかってきたという。「『入ってよかったな』みたいなのもそうですし、『がんばろう』みたいなのもありましたし、お互い初めてというのもあって、『心強いな』というのは話しましたね」と
そこでの会話内容も明かしてくれた。

 安西は2018シーズン開幕前に東京Vから鹿島へ移籍し、左右両サイドバックだけでなく両サイドハーフもこなせる器用さと、高い攻撃力を武器に欠かせない戦力の1人としてAFCチャンピオンズリーグ優勝も経験した。

 J1ですぐに持ち味を発揮して名門で主力に定着したユースの同期の存在が、自らのステップアップも後押ししたとも語る。畠中が東京Vからマリノスに移籍したのは2018年の夏だった。

「僕が昨年の夏に移籍した理由も、安西幸輝選手が活躍しているのを見て刺激になったからというのもあった」と述べた23歳は、「こんなに早いタイミングでまた一緒にやれると思っていなかったですけど、素直に嬉しい」と日本代表で再会できることの喜びもあらわにした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年3月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「FC町田ゼルビア」のニュース

次に読みたい関連記事「FC町田ゼルビア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュース

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。