2007年Jリーグ。日本代表に激震、オシム監督が突然の入院と退任。鹿島黄金時代もアジアを制したのは…【Jリーグ平成全史(15)】

2007年Jリーグ。日本代表に激震、オシム監督が突然の入院と退任。鹿島黄金時代もアジアを制したのは…【Jリーグ平成全史(15)】
浦和レッズとミランがクラブワールドカップで対戦した【写真:Getty Images】
2007年(平成19年)

 1993年に開幕したJリーグは今季で27年目を迎えている。平成とともに歩み成長し、時代は令和へと移行した。フットボールチャンネル編集部では、昨季までの26年間を1年ずつ振り返っていく。今回は2007年(平成19年)。

——–

 J1はJ2から昇格した横浜FC柏レイソルヴィッセル神戸を加えた18クラブ、J2はJ1から降格した京都サンガF.C.セレッソ大阪、アビスパ福岡も含めた13クラブによって争われた。なお京都はこの年の2月に「京都パープルサンガ」から改称している。

●J1参加クラブ
鹿島アントラーズ
浦和レッドダイヤモンズ
大宮アルディージャ
ジェフユナイテッド市原・千葉
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス
横浜FC
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
大分トリニータ

●J2参加クラブ
コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパ草津
東京ヴェルディ1969
湘南ベルマーレ
京都サンガF.C.
セレッソ大阪
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
サガン鳥栖

 レギュレーションは前年から変更なく、J1は18クラブによるホーム&アウェイの総当たり戦、J2は13クラブがホーム&アウェイでそれぞれ2度ずつ対戦する48試合制だった。J1の下位2クラブが自動降格、J2の上位2クラブが自動昇格というルールも変わらず。レギュラーシーズン終了後にはJ1の16位とJ2で3位になったクラブがホーム&アウェイで対戦する入れ替え戦も行われた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月2日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。