2008年Jリーグ。鹿島が2連覇、千葉は7分間で奇跡のJ1残留。北京五輪では…【Jリーグ平成全史(16)】

クラブワールドカップ準決勝

 J1で8位に終わったガンバ大阪だったが、アジアでは日本勢としては2年連続となる頂点に立った。ACL決勝でオーストラリアのアデレード・ユナイテッドを2戦合計5-0と圧倒。西野ガンバここにありを証明し、クラブワールドカップへと駒を進めた。

 そのクラブワールドカップでは準々決勝でACL決勝の相手と同じアデレード・ユナイテッドを1-0で下し、マンチェスター・ユナイテッドの待つ準決勝へ。当時黄金期を謳歌していたサー・アレックス・ファーガソン監督率いる“赤い悪魔”に真っ向から対峙し、3-5という激戦を演じた。

両チームスタメン

ガンバ大阪
GK:藤ヶ谷陽介
DF:加地亮
DF:中澤聡太
DF:山口智
DF:安田理大
MF:橋本英郎
MF:明神智和
MF:遠藤保仁
FW:山崎雅人
FW:ルーカス
FW:播戸竜二

マンチェスター・ユナイテッド
GK:エドウィン・ファン・デル・サール
DF:ガリー・ネビル
DF:リオ・ファーディナンド
DF:ネマニャ・ヴィディッチ
DF:パトリス・エヴラ
MF:アンデルソン
MF:ポール・スコールズ
MF:クリスティアーノ・ロナウド
MF:ナニ
MF:ライアン・ギグス
FW:カルロス・テベス

 ユナイテッドはウェイン・ルーニーやパク・チソンをベンチに置く豪華なメンバー構成。序盤は様子見もあったが、徐々にエンジンがかかってギグスのコーナーキックからヴィディッチとC・ロナウドが頭でゴールネットを揺らす。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月2日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュース

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。