鳥栖、J1ワースト記録に並ぶ6試合連続無得点。今季10試合終えわずか1ゴール

鳥栖、J1ワースト記録に並ぶ6試合連続無得点。今季10試合終えわずか1ゴール
サガン鳥栖【写真:Getty Images for DAZN】

 明治安田生命J1リーグ第10節の大分トリニータサガン鳥栖戦が4日に行われ、ホームの大分が2-0で勝利を収めた。鳥栖は今節も無得点に終わったことで、J1ワースト記録に並ぶ6試合連続無得点となった。

 九州対決となった試合は後半にFWオナイウ阿道とMF小塚和季が奪ったゴールによりホームチームが勝利。鳥栖はFWフェルナンド・トーレスやFW金崎夢生が2試合ぶりに先発復帰し、MFイサック・クエンカやFW豊田陽平らも出場したが90分間ゴールを奪えなかった。

 鳥栖は今季第4節のジュビロ磐田戦でクエンカが1ゴールを挙げたあと、第5節横浜F・マリノス戦のスコアレスドローに続いて無得点でのリーグ戦5連敗。6試合連続の無得点はJ1のワースト記録に並ぶものとなった。

 過去には2007年の横浜FC(第25節から第30節)、2017年のヴァンフォーレ甲府(第14節から第19節)も6試合連続でゴールがなかった。11日の次節ガンバ大阪戦でもゴールを奪えなければ、鳥栖はワースト記録の更新となる。Jリーグ全体では、2009年にJ2のファジアーノ岡山が8試合連続で無得点に終わったことがあった。

 磐田戦でのクエンカのゴールは、現時点で今季の鳥栖がリーグ戦で挙げた唯一の得点でもある。開幕から10試合で1点という得点数は前節に続いてJ1のワースト記録となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ギラヴァンツ北九州」のニュース

次に読みたい関連記事「ギラヴァンツ北九州」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュース

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。