トリニータはなぜ、J1でも勝てるのか? 強化部長が語る強さの理由【大分トリニータ V字回復の軌跡(前編)】

トリニータはなぜ、J1でも勝てるのか? 強化部長が語る強さの理由【大分トリニータ V字回復の軌跡(前編)】
西山強化部長【写真:Hinatsu Higurashi】
フロントが共有したつねに立ち返る場所

今季、6年ぶりにJ1に復帰した大分トリニータが躍進している。J1在籍経験がありながら初めてJ3に降格したクラブとなった衝撃から4年。そこから今日に至るまでの大分の歩みはさながらジェットコースターのようだ。チームが復活を遂げる過程をつぶさに取材してきた大分番記者ひぐらしひなつ氏が、キーマンと言える片野坂知宏監督と西山哲平強化部長の話を軸にV字回復の背景をレポートした5/7発売の「フットボール批評issue24」から一部を抜粋して公開する。今回は前編。(文:ひぐらしひなつ)

——————————

 前年に築いたものを継続しながら積み上げ続けることで、効率的にチームの力を向上させることができる。その軸をブレさせないための秘訣は「つねに立ち返る場所を確かめ合うこと」だと西山強化部長は言う。

「負けたときは僕は現場には何も言わない。ただ、いい試合をして勝ったときに『これこそ目指していたものですよね』と監督たちと話す。僕の仕事は現場をオーガナイズして気持ちよくやってもらい、より力を出してもらうこと。悪いときにはいいときのことを鮮明に思い出してもらいたい。いいものを明確化して、悪いときには修正するのではなく、そこに戻りましょう、と確認します」

 そうやって現場とフロントが共通認識の下で育ててきたのが、「前線にボールを入れるだけでなく、関わり、全員が連動するサッカー」だ。これが「J1でも戦えるチーム」へと繋がっていく。2019年J1での試合で言えば、第4節のマリノス戦がそれに相当するという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大分トリニータ twitter
  2. 大分トリニータ 移籍
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大分トリニータ + 移籍」のおすすめ記事

「大分トリニータ + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「大分トリニータ + twitter」のおすすめ記事

「大分トリニータ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュース

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら