J2上位ランカーはJ1で通用する。トリニータを支える、その哲学とは?【大分トリニータ V字回復の軌跡(後編)】

J2上位ランカーはJ1で通用する。トリニータを支える、その哲学とは?【大分トリニータ V字回復の軌跡(後編)】
片野坂監督【写真:ⒸOITA F.C.】
フロントと現場の良好な関係

今季、6年ぶりにJ1に復帰した大分トリニータが躍進している。J1在籍経験がありながら初めてJ3に降格したクラブとなった衝撃から4年。そこから今日に至るまでの大分の歩みはさながらジェットコースターのようだ。チームが復活を遂げる過程をつぶさに取材してきた大分番記者ひぐらしひなつ氏が、キーマンと言える片野坂知宏監督と西山哲平強化部長の話を軸にV字回復の背景をレポートした5/7発売の「フットボール批評issue24」から一部を抜粋して公開する。今回は後編。(文:ひぐらしひなつ)

——————————

 2019シーズンに向けてのチーム編成も、その観点から進められた。ものすごくざっくりとして語弊もあるであろうランク付けだが、J1クラスのプレーヤーを「上」、J2クラスを「中」、J3クラスを「下」としたときに、西山強化部長が集めたのは「中の上」の戦力だ。

「ここ数年、J2で上位ランクのプレーをしてきた選手たち」ということで、コンディション不良による稼働率低下の心配は少ない。J1で力を発揮できるかどうかは未知数だが、FC岐阜からヴィッセル神戸へと引き抜かれた古橋亨梧やレノファ山口からガンバ大阪へと移籍した小野瀬康介の例もあり、近年のJ2上位ランクのプレーヤーはJ1でも十分に通用すると考えられる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「京都サンガ」のニュース

次に読みたい関連記事「京都サンガ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュース

次に読みたい関連記事「東京ヴェルディ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。