ペップでもクロップでもなく…イングランド年間最優秀監督に選ばれたのは?

ペップでもクロップでもなく…イングランド年間最優秀監督に選ばれたのは?
シェフィールド・ユナイテッドのクリス・ワイルダー監督【写真:Getty Images】

 イングランドのリーグ監督協会(LMA)は14日、今季の年間最優秀監督賞「サー・アレックス・ファーガソン・トロフィー」の受賞者にチャンピオンシップ(2部)のシェフィールド・ユナイテッドを率いるクリス・ワイルダー監督を選出したことを発表した。

 2016年からシェフィールド・ユナイテッドを率いるワイルダー監督は、昨季10位だったチームの順位を大幅に引き上げ、レギュラーシーズン2位でフィニッシュ。シェフィールド・ユナイテッドは13年ぶりとなるプレミアリーグ昇格を決めた。

 今季のプレミアリーグではマンチェスター・シティとリバプールが壮絶な首位争いを繰り広げ、最終的にシティが優勝を飾ったが、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督もリバプールのユルゲン・クロップ監督も年間最優秀監督受賞は逃した。カテゴリごとに選出される最優秀監督のプレミアリーグ部門にはグアルディオラ監督が選ばれている。

 トップリーグ以外の監督がLMA年間最優秀監督賞を受賞するのは、2015年にボーンマスを初のプレミアリーグ昇格に導いたエディー・ハウ監督以来4年ぶり。過去3年間はクラウディオ・ラニエリ監督(レスター・シティ)、アントニオ・コンテ監督(チェルシー)、グアルディオラ監督といずれもプレミアリーグの優勝監督が受賞していた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。