02年、中村俊輔。世界最高級のFKが残した爪痕。稀代のトップ下が批判から称賛に変わるまで【セリエA日本人選手の記憶(4)】

02年、中村俊輔。世界最高級のFKが残した爪痕。稀代のトップ下が批判から称賛に変わるまで【セリエA日本人選手の記憶(4)】
中村俊輔【写真:Getty Images】
今なおイタリアで記憶されるFK

日本人選手の欧州クラブへの移籍は通過儀礼とも言える。90年代、そのスタートとなったのがセリエAへの移籍だった。三浦知良中田英寿など日本を代表する選手たちが数多くプレーしたイタリアの地。しかし、現在セリエAでプレーする日本人選手はゼロ。この機会にこれまでの日本人選手のセリエAでの挑戦を振り返る。第4回はMF中村俊輔。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

——————————

「昔、友達と一緒にサッカーをした時、左足のフリーキックでゴールを決める友達の一人が“ナカムラ”って言ったんだよ。凄くフリーキックの上手い選手なんだよね。それから試合でFKでゴールを決めるたびに、『ナカムラ、ナカムラ』と声がするようになった」

 2017年、セリエA公式ユーチューブチャンネルのインタビューで、アタランタのMFヨシップ・イリチッチが中村俊輔のFKについて語っていた。彼自身も、左足のプレースキックを得意とする攻撃的MF。蹴り方を参考にしていたのだという。

 2002年から3シーズンに渡ってレッジーナに所属し、セリエAを戦った。プレースキッカーを任され、PKやFKなどで得点を重ねて移籍初年で7ゴール。とりわけ第31節、ホームのローマ戦での1点は左寄りの位置から左足でゴール右上隅を捉えた非常に高度なものだった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中村俊輔 ジュビロ磐田
  2. 中村俊輔 フリーキック
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中村俊輔 + ジュビロ磐田」のおすすめ記事

「中村俊輔 + ジュビロ磐田」のおすすめ記事をもっと見る

「中村俊輔 + フリーキック」のおすすめ記事

「中村俊輔 + フリーキック」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「久保建英」のニュース

次に読みたい関連記事「久保建英」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。