マリノスはなぜ「完敗」を繰り返してしまうのか。セレッソ戦で顔を出した慢心、貫くべきこだわり

マリノスはなぜ「完敗」を繰り返してしまうのか。セレッソ戦で顔を出した慢心、貫くべきこだわり
横浜F・マリノスはセレッソ大阪に0-3で敗れた【写真:Getty Images】
「簡単な、楽なゲームだった」(清武)

 横浜F・マリノスは今季3敗目を喫した。11日に行われたアウェイでのJ1第11節・セレッソ大阪戦は自信を掴みかけたチームにとって強烈な衝撃となる0-3の完敗。なぜこれほどまでに何もできず敗れたのか。そしてアタッキング・フットボールを貫くために進むべき道とは。(取材・文:舩木渉、データ提供:Wyscout)

———-

 一方から見れば「完敗」、もう一方から見れば「完勝」。これほど勝敗のコントラストがわかりやすい試合はなかなか珍しいのではないだろうか。

「走り勝ちですね、今日は。ポゼッションするより裏に走ってくれる選手が生きた試合だと思うし、今年に入ってこういう試合は初めてだったと思うので、考え方としては簡単な、楽なゲームだったと思います」

 この清武弘嗣の言葉が全てを物語っていると言ってもいい。11日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節、セレッソ大阪は横浜F・マリノスに3-0で勝利した。開始2分で水沼宏太が奪ったゴールで試合が大きく動き、高い攻撃力が武器のマリノスにほぼ何もさせず勝ちきった。

「最初に失点したのが結構痛かったですけど、自分たちのやることをやれていなかったのが一番悔しい結果になった理由かなと思います」

 マリノス守備陣の要にして攻撃の起点にもなる畠中槙之輔は、「自分たちのやること」を貫こうとしたものの、同時に違和感を覚えながらプレーしていた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. セレッソ大阪 山口蛍
  2. セレッソ大阪 杉本健勇
  3. セレッソ大阪 清武弘嗣
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「セレッソ大阪 + 杉本健勇」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + 杉本健勇」のおすすめ記事をもっと見る

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ジュビロ磐田」のニュース

次に読みたい関連記事「ジュビロ磐田」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。