マリノスはなぜ「完敗」を繰り返してしまうのか。セレッソ戦で顔を出した慢心、貫くべきこだわり

人もボールも動かせず…

 実際、マリノスが本来武器にしているテンポの良い組み立てや崩しはことごとく封じられた。例えばセンターバックを起点に、中盤のアンカーや内寄りにポジションを取るサイドバックが関与しながらパスを出し入れし、相手を引きつけたところで危険なスペースに入り込んだインサイドハーフに預けたり、サイドに張ったウィングに仕掛けさせたりする定番の流れに持ち込むことができなかった。

 マリノスの左サイドバックに入っていた和田拓也は「相手がかなり中を締めていたので、後ろが外に押し出される感じになって、前と後ろ(の距離)が長くなってしまった。(サイドバックが中に入っていくスペースがなくて)ちょっと下がっちゃうとか、外に開いちゃうとかもあって、それはセレッソもかなり意識して対応してきたと思います」

 いつもなら選手間の距離を近くしてパス交換をしていると、相手の選手が前に出て潰しにくる。それによって相手の中盤の背後にできるスペースや、組織としてのバランスが崩れたところに入り込んでボールを前進させていける。

 だが、この日のセレッソは全く動じなかった。ボールを失うと全員で自陣に退き、縦にも横にもコンパクトなブロックを形成する。とはいえ、ただマリノスの前進を許すのではなく、危険なエリアに入る手前でパスを受けた選手には複数人で囲い込むようにプレスをかけ、そこでボールを奪った瞬間に切り替えてカウンターへ。桜色のユニフォームをまとった前線の選手はマリノスの浅いディフェンスラインの裏に猛然と駆け出し、それに呼応するように後ろの選手たちもサイドバックの裏(センターバックの外側)を狙ったロングボールとスプリントで続く。この流れが繰り返された。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. セレッソ大阪 山口蛍
  2. セレッソ大阪 杉本健勇
  3. セレッソ大阪 清武弘嗣
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「セレッソ大阪 + 杉本健勇」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + 杉本健勇」のおすすめ記事をもっと見る

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。