マリノスはなぜ「完敗」を繰り返してしまうのか。セレッソ戦で顔を出した慢心、貫くべきこだわり

 ボールも人も動かせないことで、マリノスの全体に違和感が広がっていく。相手2トップと対峙する2人のセンターバックをアンカーの喜田拓也が下りてサポートして3対2を作る。ただ、ここでサイドバックが中央に入ってくるスペースがない。

 そうなるとインサイドハーフの天野純や三好康児もパスを受けるためにポジションを下げるが、いざボールをもらって前を向いてもFWやウィングへの距離が遠く、孤立してしまう。近距離のトライアングルを連続して作り出し、常に複数のパスコースを設けながら前進していく攻撃の流れは寸断されてしまった。うまくいかない時間が続き、チーム全体の動きや思考は硬直していく。

 開始2分で先制ゴールを奪っていたセレッソにとっては願ってもない展開。奥埜は「相手のボール回しを見て、アンカーの選手が結構後ろに下がり気味でボールを回していたので、そうなればFW2枚で見て、(アンカーが)高い位置を取れば僕が出てという形でやろうとはしていました」と、守備対応の原則について明かす。

 この形がハマっていたからこそ、畠中の言う「後ろに人数が増えてしまったりとか、幅を使って攻めようとすると逆にそれで1人ひとりの距離が広がって、孤立するようなシーン」が発生してしまった。和田も「前半はかなり相手に釘付けにされちゃったというか、みんな立ち位置があまり変わらなかった」と“いつも通り”の自分たちのサッカーができなかったことを悔やむ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. セレッソ大阪 山口蛍
  2. セレッソ大阪 杉本健勇
  3. セレッソ大阪 清武弘嗣
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「セレッソ大阪 + 杉本健勇」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + 杉本健勇」のおすすめ記事をもっと見る

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。