A・マドリー、バイエルン移籍が決定したDFの後釜はM・アロンソか?チェルシーは補強禁止処分だが…

A・マドリー、バイエルン移籍が決定したDFの後釜はM・アロンソか?チェルシーは補強禁止処分だが…
マルコス・アロンソ【写真:Getty Images】

 リーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリーがイングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属するDFマルコス・アロンソに興味を示したようだ。英メディア『ミラー』などが現地時間の17日に報じた。

 アトレティコではフランス代表DFリュカ・エルナンデスが今夏にバイエルンへ移籍することが決定している。その後釜候補としてアロンソに目をつけたようだ。アロンソは今季公式戦39試合に出場し、4得点7アシストを記録している。

 チェルシーとしてはFIFAから今後2回の移籍市場において補強禁止の処分を下されているため、アロンソが移籍を決断した場合、新たなサイドバックを獲得することができない。そうなると、主力として活躍するアロンソの放出は考えにくい。

 果たして、アトレティコはエルナンデスの後釜としてアロンソを獲得することができるのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。