落胆と手応え入り交じる長谷部誠。“二兎”を逃して「複雑な心境」

落胆と手応え入り交じる長谷部誠。“二兎”を逃して「複雑な心境」
長谷部誠【写真:Getty Images】

 フランクフルトの長谷部誠が、2018/19シーズンを振り返り、「複雑な心境」と語った。

 現地時間18日、ブンデスリーガ最終節が行われ、フランクフルトは優勝が懸かっていたバイエルン・ミュンヘンに1-5で大敗した。7位でシーズンを終えたフランクフルトは来季、ヨーロッパリーグを予選から戦うことが決まっている。

 ただ、ヨーロッパリーグで準決勝まで進んだことや、ブンデスリーガでチャンピオンズリーグ出場権獲得に届きそうな位置にいたことを考えると、「複雑な心境」だと長谷部は話した。

 バイエルン戦を終えたあと、長谷部は「両方の思いが入り交じっている」とコメント。「もちろん、素晴らしいシーズンだったとも言えると思うし、逆にラストスパートのところで、自分たちがいたポジション、残り6試合のプレーを考えれば、やはりリーグでもより良い結果を取れたんじゃないかなという思いももちろんある」と語った。

 それでも、得られたものは小さくないはずだ。「よく言う二兎追うものは一兎をも得ず、ということで、自分たちはチャンピオンズリーグ(出場権)もヨーロッパリーグ(優勝)も追っていた中で、その2つを両方とも取れなかった。だけど、その二兎を追わないと、やっぱ感じられなかったことっていうのは今すごく感じている部分もある。それを追えるチームっていうのもなかなかない。これだけの選手層でこういうチャレンジをした意味っていうのは考えなきゃいけない」と、悔しさと手応えが混ざっている様子だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 長谷部誠 CM
  2. 長谷部誠 フランクフルト
  3. 長谷部誠 代表引退
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「長谷部誠 + 佐藤ありさ」のおすすめ記事

「長谷部誠 + 佐藤ありさ」のおすすめ記事をもっと見る

「長谷部誠 + フランクフルト」のおすすめ記事

「長谷部誠 + フランクフルト」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュース

次に読みたい関連記事「乾貴士」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。