長友佑都、同点弾呼び込み逆転勝利に貢献。ガラタサライが連覇&二冠達成!

長友佑都、同点弾呼び込み逆転勝利に貢献。ガラタサライが連覇&二冠達成!
長友佑都【写真:Getty Images】

【ガラタサライ 2-1 イースタンブール・バシャクシェヒル スュペル・リグ第33節】

 トルコ・スュペル・リグ第33節、ガラタサライ対バシャクシェヒルが現地時間19日に行われた。試合はDF長友佑都が所属するホームのガラタサライが2-1で勝利した。

 優勝を飾ったカップ戦で欠場した長友はこの日、左サイドバックで先発フル出場。リーグ戦5試合連続のスタメンとなった。安定した守備と果敢な攻撃参加を見せた。勝てば連覇が決まるガラタサライはワントップにディアニェを起用。左サイドにオニェクルを配置し、長友とコンビを組む。

 ガラタサライは早々にピンチを迎える。10分、バシャクシェヒルのハイプレスに苦戦しているガラタサライは右のマリアーノがルインダマに戻す。さらにルインダマはGKのムスレラに戻すと、ムスレラはダイレクトで大きく蹴り出そうとする。だが、これがバイッチの下に飛んでしまい、シュートまで持ち込まれるが、ムスレラが防いだ。ガラタサライはミスでピンチを迎えたが、守護神自らのセーブで難を逃れる。

 だが、ガラタサライが先制点を奪われる。17分、左サイド深い位置でクリシーがエリアに短いパス。エリアは一人かわし、中央にクロスを供給。これにバイッチがヘディングで合わせ、ゴールに突き刺した。この直後にバイッチはガラタサライサポーターに向かってガッツポーズ。この煽る行為に怒ったガラタサライサポーターがペットボトルなどをピッチに投げ込んだ。警備が出てくるなどスタジアムが騒然となり、一時中断。両チームの選手たちがもみ合いになり、主審がVARを確認。これでまず、バイッチとマルコンにイエローカード。さらに、ベンチにいたバシャクシェヒルのアデバヨールとガラタサライGKチペにイエローカードが出た。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 長友佑都 twitter
  2. 長友佑都 ガラタサライ
  3. 長友佑都 平愛梨
フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「長友佑都 + 日本代表」のおすすめ記事

「長友佑都 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「長友佑都 + ガラタサライ」のおすすめ記事

「長友佑都 + ガラタサライ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「香川真司」のニュース

次に読みたい関連記事「香川真司」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。