日本を救ったPKストップ。守護神・若原智哉「止めたらヒーローやろなと」【U-20W杯】

日本を救ったPKストップ。守護神・若原智哉「止めたらヒーローやろなと」【U-20W杯】
GK若原智哉はPKストップでU-20日本代表を敗戦の危機から救った【写真:Getty Images】

 FIFA U-20ワールドカップ2019が23日にポーランドで開幕を迎え、グループBの初戦で日本とエクアドルが激突。影山雅永監督率いるU-20日本代表は南米王者に苦しめられながら1-1で引き分け、貴重な勝ち点1をもぎ取った。

 前半終了間際にオウンゴールで失点した日本は、後半が始まってすぐに敗色濃厚となりかねない大ピンチを迎えた。50分、コーナーキックの場面でFWレオナルド・カンパーナがコースを変えると、ボールが郷家友太の手に当たり、VAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)を用いたレビューの結果エクアドルにPKが与えられた。

 だが、ゴールマウスには日本の守護神が立ちはだかった。若原智哉はジョルダン・レザバラの蹴ったPKを、左に跳んで見事にセーブ。2失点目を喫して反撃の勢いがかき消されそうな場面で日本を救い、同点ゴールへの流れにつなげた。

「PK戦は得意な方です」と語った若原は、PKストップの場面に「止めたらヒーローやろなという気持ちで」強気で臨み、「構えてから時間があって気持ちに余裕もあったし、キッカーが立った時にこっちやろうなというのがわかって、自信があって跳んだ方に来てくれてよかったです」と振り返った。

 昨年のアジア最終予選では控えGKだったが、大迫敬介がA代表へ駆け上がり、谷晃生が怪我でメンバー外となったこともあって、ワールドカップの大舞台で正守護神に。大事な初戦の先発出場は「めっちゃ緊張してました」というが、周りからのサポートもあって平常心を保ち、PKの場面でも「キッカーの立ち位置的に、(体を)ひねってこっち(自分の左)かなというのはイメージしていて、思った通りでした」と完璧な読みと駆け引きで日本に流れを引き寄せた。

「勝ち点を取れたのはプラスに考えて。でも前半から後半のような戦い方ができれば結果は変わっていたと思います。最初からあのプレーを出していくというのを次の試合に向けてみんなで話し合ってやっていきたい」

 若原はPKストップに満足して歩みを止めることはない。大迫や谷の思いも胸に、日本のゴールを守る誇りと責任を感じながら愚直にチームが勝つための努力を続けていく。

あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月24日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。