「ピッチ上で一番いい選手になってやる」。藤本寛也、初先発で日本を快勝に導く2アシスト【U-20W杯】

「ピッチ上で一番いい選手になってやる」。藤本寛也、初先発で日本を快勝に導く2アシスト【U-20W杯】
藤本寛也はメキシコ戦で2アシストを記録し日本の勝利に大きく貢献【写真:Getty Images】

 FIFA U-20ワールドカップ2019のグループリーグ第2節が26日に行われ、U-20日本代表はメキシコに3-0で快勝。大会初勝利を挙げて勝ち点を4に伸ばし、決勝トーナメント進出へ大きく前進した。

「ビビっている自分とかはそんなになくて、とりあえず自分が出たら、『俺は全然できるんだ』という気持ちだけで。エクアドル戦に出られなくて、自分が出たらもっとできるのになと思っていて、それで悔しさが倍増していて、それで自分が出たらピッチ上で一番いい選手になってやろうと思っていました」

 今大会初先発を果たした藤本寛也は、紛れもなく「ピッチ上で一番いい選手」だった。序盤から身振り手振りで味方を動かし、自らはビルドアップの起点として様々な場所に顔を出し、その左足から精度の高いパスを連発する。

 事前のスカウティングとは違う布陣で挑んできた相手にも一切ひるまず、柔軟に対応。ピッチ上の支配者として中盤に君臨した。

「なるべく集中力を切らさずに、とりあえず体よりまず頭を使う。こぼれ球を自分で拾っていけたことが、ああいう得点にも繋がったと思う。とりあえず今日は自分自身うまく集中できている部分が結構多かったかなと思います」

 まさに1点目の宮代大聖のゴールをアシストしたプレーは相手DFがクリアした後の「こぼれ球」を待ち構え、即座の判断でダイレクトパスを蹴ったからこそ生まれた。「だいたいあのへんに落とせばいいかなとは思って、(宮代)大聖がうまく感じてくれて、フィニッシュしてくれた」と藤本のイメージした通りのゴールになった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

フットボールチャンネルの記事をもっと見る 2019年5月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。